ホーム  >  【地元の不動産会社が売却に有利な理由】

 

<売却するのは地元の不動産会社が有利なのはなぜか?>

 

例えそのマンションを新築時分譲販売した会社でも、今回担当する支店が三郷でないのなら、
地元の情報は知らないに等しい場合がほとんどです。

 

学校や買い物などの詳しい情報は、地元にいなければわからないものです。

例えば松戸に支店がある会社で、松戸も流山も柏も三郷も商圏にしている場合、 結果圧倒的に
松戸市内の成約が多いはずです。
ポスティングのチラシの成約事例を見れば、一目瞭然です。 (成約事例が事実という前提ですが)
どんなにたくさんの事例があっても、三郷の物件をきちんと決めることが できていなければ、
三郷の人にとっては何の意味もないのです。

 

不動産とは悲しいかな、「売れる金額が相場」です。

ただ、これは不動産に限った話ではありません。
例えば洋服屋さんで、当初売り出した価格で売れる服と売れない服があります。
しかし売れなかった服でも、シーズンオフのセールでは捌けてしまいます。
結局その服はその価格の価値だったことになります。


それでも少しでも高く売れるチャンスを模索したいのが、売り主側の心理です。
それであれば、少しでもその服のことをよく知り、上手に勧められる店員さんがいたら
売れるチャンスは膨らむのではないでしょうか。

不動産もそれと同じで、売り手の希望価格と「売れる」額が一致しないことが 頻繁に
ありますが、少しでも高く早く売れるチャンスを求めるなら、その物件の良さをできるだけ
正確に知っている人が売る方が有利なはずです。

 

それが三郷を良く知る不動産会社であり、スタッフということになります。

購入希望の問い合わせが入った時に的確なアドバイスができ、おすすめポイントを
しっかり説明しアピールできることは、早期に少しでも高く売れるためにチャンスが広がる
ことになるのです。

 

 ↓売却のご相談、査定のご依頼はこちらへ↓

ページトップへ